< Usoco Art Museum > What's New

usocoart message

whatsnew

gallery workshop information profile
2021年04月11日 (日曜日)

旧作ですが、「虹を追いかけて」(F50)を、仙台法務局2Fロビーにてご覧いただけます。
仙台法務局にお出かけの機会がございましたなら、ぜひお立ち寄り下さい。

仙台法務局

The spring has come.
庭先のチューリップの赤い花とイチゴの白い花。
気持ちの良い季節になりましたね。

苺とチューリップ

WORK SHOP 更新

公開制作中

2021年04月04日 (日曜日)

春というより初夏を思わせるような日が数日続いた。
この春作った巣箱に、早速シジュウカラが巣作り開始。
お陰様で、完売御礼!
小鳥たちも季節の移ろいに敏感に反応し頑張っているようなので、
自分も負けないよう、WORK SHOP 更新 。

巣箱

巣箱

公開制作中

2021年03月28日 (日曜日)

庭先の「ハートの椿」今年も咲きました。
こちら宮城も櫻が咲き出し、いよいよ春本番を迎えようとしています。
ハート椿

ロストロポーヴィチによる「無伴奏チェロ組曲全集」聞き比べ。
最近、年を重ねるごとに聴く音楽の傾向が変化している自分に気づく。
ロストロポーヴィチもカザルスも、この組曲全曲の録音は60歳を超えてからだったという。
ロストロポーヴィチ

WORK SHOP 更新
公開制作中

2021年03月21日 (日曜日)

庭先でウグイスの鳴き声が聞こえ始めた。
東京では櫻も満開とのニュース。
今年も確かに春が来た。
最近の宮城のコロナ感染症拡大状況にはショックを覚える。
ただただ沈静化を待ち望む日々。

チャイコフスキー最後の交響曲第6番、謎の多い「悲愴」。
バッティストーニとクルレンツイスの若い(?)指揮者でジックリと。

残量が少なくなった絵具をネット購入。
扱っている店が少ないような絵具もすぐ届く。
便利と言えば便利だけれど・・・。

何はともあれ、もう春です。
WORK SHOP 更新

悲愴

リキテックスマーカー
2021年03月14日 (日曜日)

二紀会委員を長年勤められた成瀬忠行先生が他界された。
宮城二紀や県芸術協会、新現美術協会展等で言葉に尽くせないほどのご指導を賜った。
本日告別式に列席させていただいた。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

東日本大震災から10年。
震災以降、毎年3月11日の日にYou Tubeで曲を発表し続けてきたRADWIMPS 。
今回その曲を集めたアルバムをリリース。
震えるような、内省的ともいえる曲の数々に聴き入ってしまう。
その人その人それぞれの、この10年を思う。
もう一枚は、バッッティストーニ・東京フィルの「運命」・「サイバーバード」サクソフォンは上野耕平。何かにとりつかれたかのような勢いの圧巻の一枚。

WORK SHOP 更新

NW

CD

公開制作中

公開制作中

公開制作中

公開制作中


2021年03月07日 (日曜日)
弥生3月
「マタイ受難曲」のリヒター版とレオンハルト版。共にこの全集の「名演」争いで、いつも一二を争うこととなる名盤だ。
かつて、ポール・サイモンは、このコラール部を効果的に使用し、当時(1970年代)迷走を続ける祖国の再生を願って、名曲「アメリカの歌」を作った。
また、武満徹は、「僕はどんな曲を作曲するときでも、最初にバッハの「マタイ」のいくつかのコラールを弾かないと作曲できないんですよ。それほど好きなんです。」と、生前ある雑誌の対談記事で話していた。
国内外を問わず、混迷の中のニュースが次々に報じられる昨今、つい手が伸びてしまう全集だ。
東日本大震災から10年目の春・・・・。

マタイパッション

WORK SHOP 更新
公開制作中

2021年02月28日 (日曜日)

WORK SHOP 更新
今回の公開制作もいよいよ最終回。
長期間のお付き合い、ありがとうございました。
良い天気なので、野鳥の巣箱作りをしました。

公開制作中

小鳥の巣箱

2021年02月21日 (日曜日
「雨水」も過ぎ、どことなく春の気配も。
オーディオ・ラックを替えてみる。
知人からの頂き物だが、お陰様で大分スッキリ。
部屋でくすぶる時間が、また増えそうな予感。まだまだ冬眠中なう。
WORK SHOP 更新
公開制作中

オーディオ・ラック

2021年02月14日 (日曜日)
昨夜11時過ぎ、震度6弱の凄い地震があった。ちょうどCDを聴いていたときだったが、スマフォの緊急地震警報よりも先に、急に強く揺れ始め、石油ストーブのストップ機能がすぐ作動した。
地震が止むまでの時間、ちょうど10年前の太平洋沖大地震のことが頭をよぎった。
実に長く感じられたが、CDラックの倒壊もなく何とか無事に過ぎた。
今現在、新幹線・在来線はまだ止まっているらしい。
各地で被害に遭われている方々に、この場をお借りしてお見舞い申し上げます。
WORK SHOP 更新
地震

2021年02月07日 (日曜日)
「冬の旅」
 先日、職場の上司からLPレコードを沢山頂戴したので、早速ラックに納めてみた。
その中に、名盤中の名盤といわれているディースカウ(Br)・バレンボイム(p) の「冬の旅」があった。早速拝聴。
「冬の旅」は数種(ムーア(P)等)あったので、じっくり聴いてみようと思う。
「冬の旅」を聴きながら、冬の終わりを思う。

WORK SHOP 更新

news

News

2021年01月31日 (日曜日)
WORK SHOP 更新
公開制作中
21/01/25 (月曜日)
ブルース・スプリングスティーンの新譜、Eストリート・バンドとの久々のアルバム。
先日、新アメリカ大統領が就任したが、前大統領時はオーストラリアへの移住も考えたというスプリングスティーン。どんな思いでその就任の日を迎えたのだろう。 ジャケットは雪の中のNew York。ジョン・レノンのあのダコタ・アパート前で撮影されたという。
「レター・トゥー・ユー」
WORK SHOP 更新
CD
2021年01月17日 (日曜日)
WORK SHOP 更新
公開制作中
2021年01月11日 (月曜日)
「鏡開き」
お正月気分も今日まで、いよいよ今年も本格始動です。
本日の河北新報に「第83回河北美術展」作品募集の公告が掲載されました。
昨年は、新型コロナ感染症の関係で開催見送りとなりましたが、開催できると良いですね。
招待出品予定です。
INFORMATION 更新
kakoku2021111
2021年01月01日 (金曜日)
明けましておめでとうございます。!
WORK SHOP 更新
年賀状2021

2020年12月29日 (火曜日)
「ゆく年・くる年」
いよいよ本年も残り少なくなって参りました。
一年間当サイトをご覧頂きありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、今年を代表するアルバムといったら、DYLAN「ラフ&ロウディ・ウェイズ」でしょうか。16分にも及ぶ「最も卑劣な殺人」には驚きましたが、ノーベル文学賞受賞後初のアルバムとしても耳目を集めました。
一方、「テンペスト」はDYLAN 71歳の時の(今から8年前の)アルバムで、受賞直前のオリジナル・アルバムでした。このアルバムにも一曲14分の表題曲がありましたね。
この年末年始は、「漱石全集を枕に、DYLANを聴く」ですか・・・・。
それでは皆様、どうぞ良いお年を!!!!!!!!!
DYLAN

過去の更新情報 はこちらをクリックしてください。

Copyright©1998-2021Copyright
@mitsuro.com All Rights Reserved.